BLOG

代表ブログ

はやし総合支援事務所 > はやし総合支援事務所|代表ブログ
はやし総合支援事務所 代表ブログ

採用に悩んだら?採用定着士®!

こんにちは!

スタッフの桜庭です。

 

 

いよいよ桜の季節を迎え、街中が美しくなって良いものですね。

 

さて、

春と言えば新人さんの季節です。

 

新人さんをお迎えするのは春ですが、その準備はずっと以前から。

ですが、

『準備をしたいけど、いったいどんな募集をかけたら良いのか…』

というお話もよく伺います。

 

そんなときは、是非、

採用定着士®にお任せください!

 

この度、弊所でも全国の採用定着士®との連携や、そのシステムを使って、最善の採用に向けたご支援をさせて頂けることとなりました。

 

おすすめのポイントが満載です★

 

 

 

採用定着士®とは?

全国150事務所で構成される採用定着支援の専門家

●所属している採用定着士の95%以上が国家資格取得者

 

⇩⇩つまり⇩⇩

 

国家資格者で構成される採用定着支援の専門家

それが採用定着士®です。

 

 

どんなことをしてくれるの?

各分野の専門家ですから、様々なご支援が可能ですが、大きく分けて三つの特徴があります。

 

●自社採用サイトの構築

●応募者が集まる求人原稿作成支援

●応募者を見極めしっかり採用する

 

自社の特質をしっかり伝え、魅力が伝わるように整えていくことがまずは第一歩。

求職者が職場で担うこと、求めるものと合致しているかということを相互に理解していないと、面接時間のロスに繋がったり、就業してからトラブルのもとになったりということも。

正確で魅力的、なおかつ来て欲しい方がピンとくるような原稿やサイトは、専門家の視点が必要です。

実際に、求人応募率が0.6%と言われる中、採用定着士®監修の場合、3%という大きな違いをはじき出しています。

 

それから、いざ応募者がきたときの見極めや、面接のポイントにも言えることで、何を聞き、何を見、何を控えたら良いのかということもポイントがあります。

昨今は、法的にNGという質問もありますから、業務の片手間ではご担当者の方の負担は計り知れないものとなってしまいます。

 

足元も将来も見る!専門家の視点

『今、手が足りない!』という場合、つい近視眼的な募集や採用になってしまいがちです。

ですが、波は去って、その後は?

状況も時勢も常に動いていくもの。

現在の課題をクリアしながら、半年先、一年先と将来を見越してプランニングしていくことが大切です。

ですが、慌ただしい状況の場合、必要と分かっていてもなかなか簡単にはいきません。

採用定着士®は、

【現在も見る、将来も見る!】が基本です。

現在の課題に取り組みつつ、三年先の経営者の目標達成をご支援します。

 

ビジョンが持てないという経営者の方におは、経営目標をご一緒に考えるところから寄り添います

これも国家資格を有する専門家ならではの姿勢です。

 

今必要な人材も、3年後に必要な人材もどんどん集める!というのがモットー。

 

 

 

採用活動をお考えの場合、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

 

 

 

 

2021年3月28日8:35 PM0件のコメント

久しぶりの山登り!

こんにちは!代表の林です。

先日、久しぶりに山登りに行ってきました!

自然の中で黙々と体を動かして、スッキリしてきました。

まだ山の上などは寒いのですが、温かい味噌汁がありがたかったです。

2021年3月27日5:33 PM0件のコメント

年度末の資金繰りについて~厚生労働省から配信~

こんにちは!

スタッフの桜庭です。

 

さて、今月もいよいよ後半に入り、新年度ももうすぐです。

 

年度末ということもあり、厚生労働省から資金繰りについての配信がありました。

 

⇩一部抜粋⇩

雇用調整助成金を含めた各種支援策の支給までに必要となる資金繰りの支援について、政府より、金融関係団体等に対して要請を行っています。「年度末における事業者に対する金融の円滑化について

ー抜粋ここまでー

 

また、

コロナ禍における事業者の資金繰り対策のひとつとして設けられていた『雇用調整助成金コロナ特別措置』ですが、こちらは来月4月30日で判定期間が終了します。⇩

 

 

 

何度か弊所ブログでも触れて参りましたが、ここで今一度おさらいをしていこうと思います。

 

■「注意点」の項目

■「支給対象となる事業主」の項目

■「助成対象となる労働者」の項目

等、いくつかポイントになる項目があります。

判定期間についてと共にしっかりと踏まえ、理解しておくことが重要です。

 

⇩そして支給までの流れ。

 

どういった手順や期間が必要なのか、これから初めて申請をお考えの事業主様は、こちらもよく踏まえておいて頂ければと思います。

 

基礎的なことで、弊所ブログでも度々触れておりますが、助成金・補助金・給付金は、それぞれ特性があり、各分野の中でも担当省や特質が違えば手順や需給までの期間が変わってきます。

 

受給までの間に資金繰りが厳しいということにできるだけならないよう、お気をつけ頂き、万一、そういう流れになりそうであれば、専門家に速やかにご相談なさることを案内されています。

 

弊所も多くの企業様の雇用調整助成金コロナ特別措置申請をご支援させて頂いて参りました。多くの、というのは、状況を考えれば複雑な心境にもなりますが、まずは、できることを行っていくことが大切です。

 

「忙しい」や「わかりにくい」等、何らかのご事情で手を付けられない状況にありましたら、どうぞご相談下さい。

 

 

2021年3月20日6:42 PM0件のコメント

恒例のワーケーションに行ってきました!

こんにちは!代表の林です。

ほぼ毎月恒例の、ワーケーションに行ってきました。

混雑を避けて平日なので、当然仕事もフルに持ち込んで、いつも通りにメールやチャットにもお答えしていますので、
お客様でもいつ行っていたのか、ほとんど気づかれないと思います。

土日祝日含めて、丸一日休むというのが難しいので、
場所を変えて、ちょっとリフレッシュする時間が取れるだけでも十分ありがたいです。

やる気も充電して、また頑張ってまいります!!

2021年3月19日4:47 PM0件のコメント

労災防止対策~「労災補償業務の運営に当たって留意すべき事項について」~

こんにちは!

スタッフの桜庭です。

今日は労災についての話題です。

 

 

3月9日、厚生労働省ホームページに、

「労災補償業務の運営に当たって留意すべき事項について」(令和3年2月22日労災発0222第1号)が掲載されました。

リンク

 

これは、令和3年度における労災補償業務の運営について、都道府県労働局長宛に発出されたもので、労災補償業務についての留意点等について述べられています。

労災は起こさない工夫、防止対策が大前提ではありますが、もし起こってしまった場合、適切かつ迅速な処置が

必要です。今回はコロナ禍ということも鑑み、集団感染が起こった場合の対処についても触れられています。

 

収録内容は主に次のようになります。

 

  • 新型コロナウィルスへの対応
  • 過労死等事案に関わる適格な労災認定
  • 特別加入制度の周知・広報等

 

 

職場の労災防止対策のご参考になれば幸いです。

また、関連ページとして厚生労働省のホームページより、労働基準、労働補償のページもリンク致しました。

 

 

~関連資料~

★厚生労働省ホームページより

■労働基準

■労働補償

2021年3月17日6:30 AM0件のコメント
ご依頼・お問合せはコチラから 24時間受付!