助成金のお話①|ブログ

はやし総合支援事務所|社会保険労務士はやし労務事務所 行政書士はやし法務事務所
はやし総合支援事務所 代表ブログ

助成金のお話①

 

パートナー社労士の青山です。

 

助成金は、雇用保険に入らなければならない会社ならば、支給の対象になる可能性があるお金です。

今回は、助成金のお得な会計処理についてお話しします。

 

①助成金の会計処理

助成金は会社の会計上どのように処理されるのでしょうか?

会計上「雑収入」という勘定科目で処理されることが多いです。

この「雑収入」とは、本業以外の収入として利益があることを示しています。

つまり、助成金が支給されると、利益に直接結びつく会計処理がなされるということです。

(利益とは「経常利益」のことです。)

 

②助成金は利益?!

利益になるとは、具体的にどのようなことを言うのでしょうか?

以下、単純に記すことにします。

150万円の利益を出すために、10倍の1500万円の売上があった会社があるとしましょう。

この会社は1500万円の売上のために、みんなで汗水流して懸命に努力をしました。

様々な努力の末にようやく売上を獲得するのは、どこの会社でも同じことです。

ここで同じ150万円という金額の助成金が国から出たとしましょう。

すると、単純に言えば、さらに150万円の利益が上乗せされたのと同じことが起こるのです。

考え方ですが、1500万円の売上のためにかけた努力を考えれば、労せずして、倍の売上が上がった!とも考えられるのです!!

 

③ただし助成金をただのお金とみるのはやめましょう

今回は、助成金がいかにお得かということをお伝えしました。

しかし、助成金をただのお金としてみるのは正しくありません。

次回はそのことについてお話しします。

2019年4月8日6:12 PM
はやし総合支援事務所|社会保険労務士はやし労務事務所,行政書士はやし法務事務所TEL:03-3935-1691 予約制にて、ご希望の時間に対応いたします。(夜間、土日祝日の対応も可能)ご依頼・お問合せはコチラから 24時間受付!お気軽にお問い合わせ下さい